働き方改革と取引に関するお話

 

働き方改革と取引に関するお話

 

中小企業、および公正取引委員会による下請取引の適正化の推進や、業界団体による「適正取引自主行動計画」の策定など、取引の適正化に向けた社会的気運は高まりつつあり、現場からも改善が進んでいるとの声があります。

いわゆる下請法もその範疇です。

一方で、未だ不適切な取引が行われている、政府は調達において取引プロセスに課題があるなどの声もあります。

産業の持続的発展のためには、サプライチェーンに関わるすべての企業が適切に利益を確保し投資につなげる好循環をつくりあげることが重要だと思います。

それは自社の従業員や株主などのステークホルダーも含めての総合的なお話です。