ワークライフバランス 地域生活やコミュニティ

 

ワークライフバランス 地域生活やコミュニティ

 

 

地域生活ってなんだろう(赤坂さんの場合)

赤坂さんは40歳、B支社での新規顧客開拓グループのグループリーダーである。入社以来、何度が転勤をしたが、これまでの業務実績をかわれ重要顧客を任されている。

27歳で結婚し、妻と、中2の長女、小5の長男で4人家族である。

 

赤坂さんは子供が生れた時にはどんなに仕事が忙しくても赤ん坊の世話や、幼稚園の送り迎えなど子煩悩な父親像を描き、パーフェクトまでとはいわないが父親として恥じない行動をしてきたと自負している。

 

妻は専業主婦であるが、子供たちが就学段階になると家事以外の空いた時間は長女の進学準備や相談に追われながら、長男のスポーツ少年団の世話役として、休日の練習試合や遠征などに忙しい毎日である。

 

子供たちの夏休みが終わる頃になると、

「少しは夏休みの宿題手伝ってよ一、大変なんだから一」

と言った会話が毎年繰り返され、夏の風物詩ともいえることに幸せを感じている。

 

 

秋を迎えて、地域交流を目的とした「ふれあい運動会」の案内が届いた。毎年開催されているものの、この手の地域イベントは参加者年齢層に幅があり今まで参加したことが無い。子供は、同級生と何回か参加したことがあるようだ。

 

「今回はお父さんも参加して、家族揃って参加しようよ!」

と受験を控えた長女が気分転換を図りたいのか突然言い出した。

「じゃあ、美味しいお弁当を作るわ!」

と妻も久しぶリの笑顔をふりまき、一家総出での参加が決まった。

 

運動会当日、赤坂さんは学校の運動会のような場所取りは必要ないだろうと特に急がずレジャーシートと弁当を抱えて会場に着いた。
長男は早速友達と合流し、はしゃぎながら運動場を走り回っている。
妻はというと、スポーツ少年団仲間であろう父母と親しげに話している。
俺は???と、周囲を見渡すが誰も知らない。

 

呆然と立ち尽くす私を見て、長女が、

「お父さん、誰か知り合いはいないの一?」と一言。。。