裁量労働制取り扱い改定基本方針

 

裁量労働制取り扱い改定基本方針

 

自己の裁量のもとに専門的立場から諸戦略を企画立案するとともに、具体的施策を中核となって展開、実行する層、業務遂行における時間配分や遂行方法を大幅に本人に委ね、成果、業績の拡大を図ることを期待する層という位置づけは堅持しつつも、以下の通り取り扱いを変更する。

労働基準法に基づく裁量労働制を適用している者について、同制度の適用を解消し労働時間実績を管理する対象とする。

裁量月俸の処遇体系は現行通りとするが、時間外、休日割増金実績が専門企画手当を超過した場合は手当に代わり時間外、休日割増金を支給する。

なお、本件については多数の社員に関係する労働条件の変更であり、職制での説明に一定の時間を要することが想定されることから、交渉期間中の早期の段階での合意形成を図っていきたく考えている。

 

裁量労慟制の取り扱い改定

 

裁量労慟制の取り扱い改定

趣旨背景
昨今、労働者の心身の健康確保、労働時間削減を求める風潮が特に強くなっており、みなし労働である「裁量労働制適用者」においてもその必要性が高まっている。
また、労基法改正により時間外上限規制が設けられる可能性があることからも、労働時間管理への注目度は今後さらに高まることが予想される。
併せて、当社「働き方改革」の中で、IT機器の拡充や技術進歩を通じた「効率的かつ柔軟な働き方」の推進を図る必要があり、それに伴い事業場外での勤務が拡大する傾向にあり、その面からも従来以上に厳格な労働時間把握が求められている。
これらを総合的に勘案し、裁量労働制の運用について以下の通リ見直しを行うものである。

裁量労働と健康管理

 

裁量労働と健康管理

 

 

裁量労働適用者を含む労働者の心身の健康管理や労働時間削減を求める社会的風潮が一段と高まるなど、労働者保護の観点は一層重要性が増してきている現実を踏まえ、会社提案に対して理解するものである。

 

よって、業務指示のあり方や働き方改革の整理が必要であるという認識のもと、次の要請を申し上げ、会社提案を了解する。

 

①管理職が、裁量性をもって能力を発揮し成果を出せる層であるという位置づけを堅持い労働時間の長短に関わらず成果に対し評価、処遇する運営に変わりがないこと。

②裁量を持った働き方による成果をあげることと労働時間削減の両立がこれまで以上に求められている。
自己の裁量、努力のみでは労働時間削減が困難な職務もあることから、自己努力のみに頼ることなく、組織の重要な経営課題として、管理職への仕事の与え方の整理や、当社の発展に寄与する事業推進に取り組むこと。

③今回の取り扱い改定の背景、趣旨について、対象者に対し丁寧に説明し理解を得ること。
また出張者や休暇中の者などに対しても漏れなく対応すること。

 

なお、もう一段高い成長を目指すうえで、裁量性をもって能力を発揮い成果?業績の拡大を図る管理職の活躍は欠かせないと考える。

その対象者が適正な労働時間の範囲のなかで、成果をだせる環境整備は重要である。

そのためにも、今回の組合要求であるテレワーク制度の導入について、前向きな検討を。

組合見解|労働協約改定交渉は、本来であれば妥結日に一括して集約を図るものであるが、本件については、各場所労使で締結する36協定に関する検討および職場への理解浸透に一定の時間が必要であることを考慮い本日をもって集約する。今回の改定の趣旨である、労働時間管理の厳格化による心身の健康確保とともに、負荷の把握と改善、そして業務効率化を進めていくことは、管理職のみならず全ての従業員に関わる大きな課題である。

 

そのためにも、一層の働き方改革を推進していく必要がある。

 

裁量労働制とは? メリットや問題点などをわかりやすく文章で紹介

 

裁量労働制とは? メリットや問題点などをわかりやすく解説

 

 

裁量労働制の取り扱い改定に関する会社提案は、管理職の位置付けや役割期待、評価方法は現行と変わらないことを前提に、労働時間管理の厳格化によって長時間労働の是正を加速する施策であると捉えています。

 

短期間での検討となりましたが、社員、組合員の心身の健康確保のさらなる重要性と、長時間労働を是としないという社会の大きな変化へ対応するため、会社提案を受け入れることとしました。

通じて、管理職の労働の価値が向上い自己実現に向けたモチベーション向上につながるものと認識しています。

今回の改定により、職場の運営や各自の業務遂行に関して、心配する声が上がっています。
繁忙感が高まっている職場の実態からすれば、至極当然のことだと思います。

今後、労働時間管理がより厳格化されますが、限られた時間の中で業務を遂行し成果を出していくことは従来から求められています。

これを契機に、各人の業務負荷の見える化がますます進み、仕事の与え方、負荷の配分、仕事の進め方などの改善はもちろんのこと、受注、開発スケジュールの調整、IT機器の活用、情報システムの構築など、各職場で具体的な検証が必要となります。

社会や当社の変化に追随しつつ、管理職としての働き方はどうあるべきか、皆さんとともに立ち止まって考える良い機会にしたいと思います。

具体的な内容については、労使合意以降、各職制から対象者に直接説明があります。
疑問点や不明点などは放置せず、その場で解決が図れるよう緊密なコミュニケーションを取ってください。

本件の集約にあたり、社員?組合員のご理解?ご協力が必要です。

これからも長時間労働の是正をはじめとする新たな働き方を模索する取り組みは続きます。
新たな働き方を追求い職場風土そのものを変えていく。

これまで多くの困難も乗り越えてきた職場の底力をもってすれば、必ず実現できる、そう信じています。

 

 

ワークライフバランス 裁量労働制の取り扱い

ワークライフバランス 裁量労働制の取り扱い

 

管理職が時間管理の対象となることにより、仕事の与え方の整理や業務効率化など、より一層の働き方改革の推進が必要となると考えるが、これに関する会社の考えを伺いたい。

今回改定により労働時間管理の厳格化が進むことから、各人の負荷がより把握できるようになる。

それに基づき、一層の業務効率化や負荷分散の推進に?げていくべきと考えている。

限られた労働時間の範囲の中で成果を出すには、仕事の与え方、仕事の進め方の両面から労使双方が工夫い生産性を向上させることがより重要になってくると認識している。

厳格な労働時間把握が求められるなかで、現在の就業管理の運用に変更があるか確認したい。

客観把握時間を基準とした労働時間管理を開始する予定である。

具体的には、事業場内在場時間を客観的に把握した時間から、休憩時間などの労働時間に該当しない時間を除くことで、労働時間を把握する方法である。

厳格な労働時間の把握は、今回の裁量労働制の取り扱い改定以前からの継続的な課題であり、それを可能とする就業管理システムの改修である。

なお、就業管理システムについては全従業員が対象となるので、改修内容や運用について準備が整い次第追って展開する予定である。

 

 

裁量労働制と36協定とみなし労働時間

裁量労働制と36協定とみなし労働時間

裁量労働制取り扱いの改定については

交渉も中盤に差しかかり緊張感が増す本部交渉団

働き方改革を推進する

管理職としての働き方はどうあるべきか、立ち止まって考える良い機会にしたい。

裁量労働制は、管理職が一定の裁量のもとで業、務を遂行することを可能とい高い役割と成果を期待される層にふさわしい働き方の実現を目指すものとして導入されました。

そういった働き方を取り巻く経済情勢や産業に関する現状認識について、労使双方が見解を表明しました。

為替の変動は気になるところですが、国内外景気および各社の経営状況も傾向が続いているといえます。

そのような中、各社は、既存事業の強化に加え、IT化の進展に伴う、IoT、AI、自動運転といった未来の社会を大きく変えていく新しい分野に日々挑戦しています。

また、労働基準法の改正を見据え、長時間労働の是正をはじめとする新たな働き方を模索する挑戦も続いています。

働き方改革とは、仕事と生活のバランスを改善い多様な人材がお互いを尊重しながらいきいきと働き続けることができる職場環境を実現していく取り組みです。国内ではかつて、残業をしないと活躍が認められないといった風潮がありましたが、近年では大きく変化しつつあります。