ワークライフバランスの企業の取り組み

ワークライフバランスの企業の取り組み

 

まずワークライフバランスの企業の取り組みの始めとして、長時間労働はなくさなければなりません。

「早く帰ろうとお互いに声を掛け合うようになり、職場の雰囲気も変わりました」、働き方改革の取り組みは進んでいるようです。

「それは良いのですが、仕事量が変わらないのに残業だけ減らせと言われても困ります」、それはそうですね。職場任せにしないで、トップ主導で、経営施策として仕事の効率化に取り組んでいただきたい。組合からは会社に要請をしているところです。もちろん、ボトムアップで協力は惜しみません。

商習慣や取引慣行も効率化を阻みます。

「無理な納期で発注も断るわけにいかなし、」「夜間、休日も重要顧客の要求にはすぐに応えなければならない」丨急な仕事のせいで、他の仕事も段取り通りに進まない」。

会社の規模にかかわらず、時には理不尽な顧客の要求にも、対応しなければ生き残れない、それが私たち民間企業の日常ともいえます。

競争は否定しません。技術や品質で競い合うのは大いに結構です。しかし、働く者に無理をさせることで成り立つような競争はフェアではありません。働く者は疲弊し、産業の活力も失われてしまいます。「働き方改革」はいまや政府の看板政策です。であれば、日本の商習慣や取引慣行が生み出す非効率さを是正することにも注目してもらいたいものです。

シロアリ 愛知県