日本の産業の空洞化

日本の産業の空洞化

企業の成長といっても、むやみな拡大志向は危険です。
企業買収で一気に規模拡大を図ろうとした企業が、事業を把握する力がなかったために巨額の損失を計上し、企業存続の危機に陥るといった事例は多く目にします。
幸い、当社グループは経営の健全性を確保し、実力が伴った成長をめざしています。
世界中に事業拠点を広げているとしても、製造面でいえば、技術や技能を鍛えてきた国内生産拠点がマザー工場として各拠点の模範となっていることが多いです。
販売やサービスに関しても国内で磨いたノウハウ、分厚い人材がグローバル展開を支えています。
実力を高めながら成長してきたのです。
日本が堅実だと評価される所以です。
その力をさらに高めようというのですから、なかなか大変です。
まずは「職場の力」を高めることです。少々の苦労も、仲間と一緒に、明るく支えあって乗り越えていける、そんな職場があってこそ、良い仕事ができます。
個人プレーに頼るより、チームカで勝負する、それが日本らしい戦い方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です