生命保険は掛け捨てじゃない貯蓄型の方がいいのか?

 

生命保険は掛け捨てじゃない貯蓄型の方がいいのか?

 

 

今回は働く人の万一について考えたいと思います。

生命保険は掛け捨てか、貯蓄型か

万一の備えとして入る生命保険ですが、万一とは、例えば、病気やケガによる入院治療や家計を支える人の死亡などがあります。

ここでは死亡に備える生命保険を中心に見てみましょう。

この場合は、大きく2つに分けることができます。

掛け捨て型と貯蓄型です。

掛け捨て型は、何の問題もなく保険期間が終われば保障は終了し、保険料は掛け捨てとなります。

その分、保険料は比較的安くすみます。

一方、貯蓄型は、養老保険なら亡くなっても生きていてもお金を受け取れます。

終身保険でも、解約しない限り死亡保険金を受け取れ、解約した場合も解約返戻金をもらえるので掛け捨てにはなりません。

ただし、掛け捨て型に比べ保険料が高くなります。

預金と同じく現在は低金利で、貯蓄としてみたときの利回りは低いのが現状です。

加入後すぐに中途解約すると、払った保険料よりも少ない金額しか戻ってこない「元本割れ」が起きることにも注意が必要です。

 

また運用性の高い「変額保険」もありますので、一度調べていただくことをお勧めします。

変額保険の詳しい説明は、非常に長くなりますのでここでは割愛しますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です