長時間労働の問題とワークライフバランス

 

長時間労働の問題とワークライフバランス

 

健康確保措置や勤務間インターバル規制の強化など、すべての労働者の安全と健康に関する法整備に取り組みます。
誰もが活躍し、働き続けられる職場づくりに取り組みます。
男女平等に関する調査によると、約4割の女性が「管理職への登用」や「昇格のスピード」において、男女間の扱いに違いがあると回答しています。
60歳以降の就労に関しては、本人の技能、技術、経験を活かせる職場や、本人の希望に応じて働ける環境を整備することが求められています。
また、介護との両立に関する不安の声や、育児をしながらもキャリアに影響することなく働き続けられる環境、男性の育児参加を促進する環境整備を求める声も少なくありません。

さらに、セク八ラやパワ八ラなど職場での「いじめ、嫌がらせ」によって休職や離職に追い込まれるなど社会的な課題となっており、モチベーションや生産性の低下などち懸念されます。

働く意欲のある人が、性別、年齢、障がいの有無等にかかわらず、また、子育て、介護、病気など様々な事情を抱えながらも働き続けられ、活躍できる労働環境の整備が必要です。

第4次産業革命を牽引する新たな技術やサービスを実用化できる人材が求められており、国をあげて人材育成に向けた議論がされています。

また、既存の仕事の減少や必要となるスキルの変化により技術や技能の転換が加速されると予想されており、新たに必要となるスキルの習得、学び直しなどを促進する環境整備がすぐにでも対応が必要な課題です。

一報、足元では、多くの職場で若手が少ないという年齢構成のゆがみを抱えており、熟練者の技術、技能の伝承が課題となつています。
とりわけ、技能については人材育成を通じて伝承を行うため、成果を出すのに数年を要することから、早期に対応を進める必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です